メニュー

うつ病

このような症状にお困りではありませんか?

・ゆううつな気分が続く
・何事にも興味がわかず、楽しめない
・疲れやすい、体がだるい
・集中できない、考えがまとまらない
・自分に自信がなくなる
・イライラする
・眠れない、熟眠感がない
・食欲がわかない
・消えてしまいたい、死にたい

 

うつ病は、真面目で責任感の強い性格傾向や、昇進・転職・結婚・出産・離別などのライフイベント、ストレスの多い生活環境等、体質的な要因、心理的な要因、環境的な要因などが関与し、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れている状態です。
脳がうまく機能しないため、ものの見方が否定的になったり、自分が価値のない人間のように感じられてしまい、そのため普段なら難なくこなせるような出来事がとても辛く感じられてしまいます。

 

 

うつ病の治療

まずは十分な休養をとることが大切です。
そして可能であれば、きっかけとなった環境要因の調整をおこない負担を減らすことで、うつ症状が改善しやすくなります。
薬物治療としては、抗うつ薬を使用し、脳内のセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質のバランスを調整し、うつ症状の改善をはかります。
また、カウンセリングをおこない、ご自身の思考・行動パターンをより良いものに変容させることで、再発予防や薬物治療の助けとすることもあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME