メニュー

月経前症候群(PMS)/月経前不快気分障害(PMDD)

月経周期と関連して生じる体調不良には個人差がありますが、日常生活に支障をきたすほどの重い症状がある場合を、月経前症候群(PMS)あるいは月経前不快気分障害(PMDD)といいます。
症状が現れるタイミングは個人差が大きいですが、月経が始まる3~10日前頃から現れ、月経が始まると改善します。

月経前症候群(PMS)では、乳房の張りや痛み、下腹部痛、頭痛、吐き気、めまい、むくみなどの身体症状と、気分の落ち込み、イライラや怒り、情緒不安定、不安や緊張、不眠や睡眠過多などの精神症状がみられます。そのうち精神症状がより強く現れ症状が重度な場合は、月経前不快気分障害(PMDD)と診断されます。

月経前症候群(PMS)/月経前不快気分障害(PMDD)の原因は明確にはわかっていませんが、女性ホルモンや脳内の神経伝達物質であるセロトニンとの関連が推測されています。

 

月経前症候群(PMS)/月経前不快気分障害(PMDD)の治療

薬物療法として、セロトニンを調整する抗うつ薬(SSRI)が有効です。
漢方薬を使用することもあります。
婦人科では、低用量ピルによるホルモン療法をおこないます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME