メニュー

社交不安障害

こんな症状にお困りではありませんか?

・人前で話す際に緊張し、動悸、手や声のふるえ、赤面、発汗などが出る
・緊張するため人と食事が食べられない
・人前で文字を書く時に緊張し、手がふるえる
・人に見つめられるのがこわい

 

人とかかわりを持つ場面や人に注目される場面で過剰な不安や緊張が出現し、動悸、手や声のふるえ、息苦しさ、赤面、発汗などの症状を引き起こすため、それがさらにそのような場面への苦手意識を強めてしまいます。次第にそういった場面を避けるようになり、日常生活に支障をきたします。

社交不安障害の原因はまだはっきりとわかってはいませんが、脳内のセロトニン神経系やドーパミン神経系の機能異常が発症に関与していると推測されています。

 

 

社交不安障害の治療

薬物療法として、脳内神経伝達物質であるセロトニンを調整する抗うつ薬(SSRI)や、セロトニンとノルアドレナリンの両方を調整する抗うつ薬(SNRI)を使用します。また必要に応じて、抗不安薬(不安感の軽減)やβ遮断薬(ふるえや動悸の軽減)などの即効性のあるお薬を併用することもあります。
心理療法としては、認知行動療法などの手法で、対人恐怖を増幅させる思考の歪みを改善させ不安がおこりにくい適応的な考え方を習得していくとともに、不安が生じる状況下にあえて直面し対処するトレーニングをしていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME